夏の一日。

               千葉県佐倉市にある記念美術館。友人と待ち合わせをしたのだが、その友人、大きなショルダーバックを肩にかけ
               プロっぽいカメラを首から下げた出で立ちで登場。あまりにも怪しいので職務質問したらこのお方でした。
               ちなみに友人のもうひとつの顔です。
               以下、この方を師匠と呼ばせていただきます。
                             
               
               今の時期、ひまわりが見頃らしいがまだ3割くらいしか咲いてなかったorz
               気を取り直して一番咲いている部分だけ、ちゃっちゃと撮影。
               もともと風景写真とか苦手で・・・いつもレンズのせいにしたりして。
               「とりあえず行って撮ってきましたー!」的なノリの写真がほとんど。
                              
a0122760_2384462.jpg


               時間をかけてじっくりひまわりと向き合って撮影する汗だく師匠(と呼ばせて)を横目に
               あたしゃ勝手にひとりお茶時間w

a0122760_2391628.jpg


               ふぅー!木陰に癒される。。。
               このテラスのずっと先にあるんはひまわり畑。暑い中まだまだ師匠は悶絶しております。
               




               「水連もなかなかだよっ!」と師匠。
               また何も考えず白い水連を激写(考えてない割にはシャッターを切る瞬間は誰よりも熱い!!
a0122760_231046.jpg

               写してからハッと気づく。「もしかして水連てさ、水面に映る花も一緒に入れるんだよね?」
               「一概にはそれがいいとは言えないけど、ほとんどはそういうかんじで写すよね(笑)」
               なんて物言いの優しい師匠なんだ。

               ここからは師匠のレクチャー編。
               カメラの設定を変更してくれて、ちょっと暗めにするのも味が出るよ、とのこと。
               ↓こちらは師匠の撮影。

a0122760_23105090.jpg


               今度は少し明るくして。。。
               「左の葉が白飛びするけど、これはこれでアリでしょ?」

a0122760_2311559.jpg


               そして散った花びらもまた被写体になるらしい。
               蓮池の奥のほうを指さして、あの花びらと水滴もまたいい写真になるよ、とのこと。
               ほー!花はきれいな状態で写さねば、と勝手に思い込んでいたわたしは頭をかち割られた
               気分でした。
               花の気持ちになって(?)写してみようという気になったことは確かです。
               
a0122760_23103052.jpg


               なるほどねー。たしかに散った花びらも最後の最後まで美しいものやなー!

a0122760_8243211.jpg


               帰りがけに木陰にひっそりと咲くゆりを。
               ピンボケ気味だし野暮ったい写真なんだけど、わたしにとっては初っ端に写したひまわりとは
               まったく別の視点で撮影したことは言うまでもありません。

               師匠、一日お付き合いありがとうございました。
               そして時間に遅れてスミマセンでした。。。
[PR]
by awithoutlove | 2011-08-08 22:11
<< 向日葵 台風が来る前に・・・ >>